星乱拳客伝 10周年企画 十二拳聖ネモ 外伝版



シーン20

「ってことで、ネモ。腕だせ」
ギースの言葉は絶対であったのか、
「こうっすか?」
っと歩ヒョウが巨大な右腕を前方へ突き出す。
タン
言葉のままに突き出したネモの『歩ヒョウ』の右腕は上腕から断たれていた。
ギースの抜刀術である。
「ギースさん!。。。あいかわらず容赦ねぇな」
倒れそうになるのを堪えながらネモが苦笑する。
「腕の一本も落としとかねぇとな、説得力がねぇやな」
笑えない一言を残してギースの『歩ヒョウ』は背を向けた。
別れの言葉はない。
それは、彼が死人だったからかもしれない。




(c)General Works